板井康弘|人生設計は若いときに考えたほうがいい

板井康弘

 

良い人生を過ごすには、人生設計が肝心です。
そして、それは早い方が早いだけいい。40歳を過ぎてから人生設計をすることもできますが、若いうちからすることで自分が思い描く人生を迎えられるでしょう。

 

では、何歳から人生設計をすればいいのか。
答えは何歳でも。

 

高校進学際に進路を考えるのもポイントですし、大学進学も同様。
社会人になると気でもいいのです。
とにかく早ければ早いだけいいといえます。

 

そして、あまりにも無理難題な人生設計はやめておきましょう。
軌道修正ができなくなり、「自分の人生ダメだ」と諦めてしまうことだって考えられます。
まずは現実的な考えで人生設計をすることが肝心です。